スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかサスペンスなおばあちゃん
2009.06.11(Thu)



今朝、いつものように電車に乗って通学してたら、
とある駅でおばあちゃんが乗ってきた。


いや、乗ってきたっていうか、隣の車両から移ってきたらしい。


どの車両も人がいっぱいで変わんねぇだろ。と思っていたら、
おばあちゃんが俺のすぐ傍にて立ち止まった。

どうやらそこが彼女の落ち着く場所だったらしい。




それにしてもこのおばあちゃん、、、鼻息が荒い。

まるで興奮したバッファローのように鼻から息を吐いている。


恐らく隣の車両には
おばあちゃんの鼻息を暴れ牛の鼻息に変えるほどのなにかが在ったのだろう。


そんな近年稀にみる、
ジェットブレスの持ち主に驚きを隠せなかった俺は、
思わず、そのおばあちゃんの顔をまじまじと見てしまった。



鼻穴がまるで、
北島三郎を彷彿とさせるような大きさだった。。。



通りでな。
これで、鼻息にも納得だぜ。

そう、
問題の原因は隣の車両にではなく、
おばあちゃんの前向き過ぎる鼻穴の構造にあったのだ。




そして、この世の謎をまたひとつ解き明かした俺は、目的地で電車を降りた・・・・



その後、
おばあちゃんの行方を知ることはなかった。



スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。