スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.12(Thu)
 
 
 
ところてん、漢字で書いたら心太
 
 
いまぃ、ところてんの川柳。
 
 
 
書かれたら分かりますが、
会話の中で出されたら
分からないでしょうね。
 
 
 
 
 
この間、
お豆腐屋さんの店先においてあったんですよ。
 
ところてんを押し出す器具が。
 
 
 
見ただけで心躍る。アンコール沸かす。ダンス。ダンス。ダンス。(レディゴー)
 
 
あ、nobodyknows+のココロオドルの引用です。
 
 
 
 
して、
 
nobodyknows+と言えばラップ。
ラップといえば韻を踏む。
 
 
不思議ですよね。
 
日本語にもあって外国語にも韻があるのって。
 
 
 
意味よりも音・リズムを重視した言語、韻・・・・
 
 
昔の人ってスゴいよなぁ。
 
 
俺、韻ってホントに良いと思うよ。
頭韻も脚韻もさ。
 
 
でもさぁ、
 
 
なんで日本で脚韻はこんなにも市民権がないの?
 
 
 
なんで素晴らしきこの芸術をダジャレって言ってさげずむの?
 
 
 
 
 
俺は良いと思うんだけどなぁ~
 
 
 
スポンサーサイト
Comment

平安の頃から文字を据えたり沓韻?←韻を踏むが先か卵が先か
したりってのがあったりなんだりで日本語だと凄い複雑なんだよね

だから今の日本人の考え方には合わないってことじゃない?

ちなみにその至極複雑な技法を編み出したのは中世日本の上流階級の方々だから、
いまぃの考え方はある意味貴族的。

おれも嫌いじゃないが、それを感じる側としてだからな…
りえい (URL) 2009/02/13 Fri 00:56 [ Edit ]
よーするに言う人次第だと思う


(雰囲気が)オヤジ→ダジャレ感→苦笑


イケメン→可愛い→微笑み


(笑)
望 (URL) 2009/02/13 Fri 19:49 [ Edit ]



あ、コメントありがと。


コメントあるの確認したけど
忙しくて返事できなかったんだった・・・(´Д`)


すっかり忘れとった。



今更、返す言葉も見つからんっちゃ。


いまぃ (URL) 2009/02/17 Tue 19:35 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。