スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安牌シリーズ導入
2009.01.03(Sat)
 
 
最近、安牌って言葉をよく耳にするようになりました。
 
しかし、
語源までは知らないのか、誤った使い方をしている人ばかり見掛けます。
 
 
安牌とはそもそも麻雀用語で、
『切っても相手に振り込むなんてことにならない牌』つまり『安全牌』のこと、
今日では、
そこから転じて『やっても危険はない行動』のような意味合いを含ませて使っているようです。
 
 
用例
この場面での__はできるだけ慎重にすることだ。
 
誤用例
次の授業はHRなので__だ。
 
 
 
用例は悪いですが、こんな感じです。
 
ただ、誤用例は実際に使っている人がいましたので・・・・・
 
 
 
 
さて、
なぜ安牌なんて言葉を解説したかというと、
 
これからシリーズ化して、様々なことに対した俺なりの「安牌な行動」を、
記事として書いていこうと思ったからです。
 
 
 
 
きっかけなどは追々書いていきます。
 
が、なにぶん飽きっぽいのでシリーズが2回以上続くが怪しいところです。
 
 
 
とりあえず、導入終わり。
 
 
 
スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。