スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叱咤
2008.07.20(Sun)


~ちょっと業連~

要望があったので、
ちょろっと設置しました。
大々的にやるのは恥ずかしいので地味にやりました。
どうにかこうにか見つけて下さい。

ちなみに

PCからでも閲覧は可能ですが、絵文字を使用してるため「〓」の驚異がまってますよ。

今日は、
午前→寝てた
午後→部活(~5時)って感じでした。

部活終わって帰る途中に俺、見知らぬオッサンに怒られました。

完全に俺が悪かったと思います
理由、しょ~もないです。

なんか、
先輩とか5人で帰ってたんですよ。

途中で信号待ちしてるときに先輩が、
「おい、お前クルマじゃなかったっけ?行けんじゃね?」って振ってきたんですよ。

簡単に書いたらなんか、先輩の無茶振りにしか見えないですね。

だから書いときます。

昔、とある先輩(現在は引退)がみんなで信号待ちしてた時があったそうで、
そこの横断歩道が珍しい方式で、自動車と歩行者の青になるタイミングが違うパターンだったんですって。
で、ちょうど悪くクルマだけ渡れるタイミングに当たったらしくて、
その先輩が待ちきれずに
「あれ?俺クルマ?俺クルマ?」って言いながら車道を渡った
っていう逸話が残ってて今日の先輩の振りは、その時の再現的な感じです。

で、俺がそれにノって、
「俺クルマ?俺クルマ?」って言いながら車道にジリジリ寄っていったんですよ。

そしたら、それ見てたおっさんが、
「おい、そこの若者!
まだお前の人生には先が長いんだから、そういうバカげたことはやめろ。」って
ドスのきいた声で言ってきたんですよ。

先輩達も若干、次の会話に進もうとしてて、俺を見てなかったし、
俺ももちろん本気で渡るつもりもなかったのですが
(強い押しがあればいったかも知れないけど・・・・)

やっぱ周りから見たらそう見えるらしいですね。

まぁ、おっさんが正しいわな。

やっぱり、こうやって他人にも注意できる人がいるのっていいですよね。

昔はいっぱいいたそうですが・・・・・

ちなみに今回のおっさんは怒り上手でした。
上から叱りつけるでもなく、周りくどく弱々しくいうでもなく、
ちゃんとした注意でした。
なによりドスのきいた声でした。

でも、
怒られる側(・・・まぁようするに俺ですが)に問題がありましたね。

怒られ下手過ぎです。
ちゃんと注意された内容を真っ直ぐ受け取れてません。
簡単に言えば、注意されてもそれをきいてません。

俺は怒られて思ったことは3つです。

1、
あ!
先輩達、だれも俺が怒られてんの見てねぇ!!
これじゃ俺、ただのイタイ子じゃん!!!

2、
お!
日記のネタが1コできた!

3、
このおっさん、コトバを区切る度になんか周りの視線気にしてね?
え?
つまりなんか自分のかっこよさとか気にしてる?

はい、ご覧の通り怒られたことなんか微塵も気にしてませんね。

言い訳や弁解をする訳ではありませんが、
最近、こういう人が増えてるんじゃないかと思います。

怒られても気にしない、反省したふりだけしてその場はしのぐ。みたいな人が。

やっぱりそれは、怒られ慣れてないってのが大きいと思います。

悪いことをしたらどうなるか?とかを小さいころに体感しなかったんですよ。

上記にある通り、
昔は、他人を怒れる人が多かったらしいじゃないですか。
しかも全力叱咤じゃないですか。

そりゃもう
俺もう怒られることなんかしねぇ(;Д;)ってなりますわ。
それが大人になっても染み付いてる訳ですよ。

しかし、それがなかった場合、やっぱりそれが良く分からなくって
反省しない人が完成していく訳ですね!

ようするに、
俺は反省できない子です。
そして、
この記事は俺の全力の言い訳です。

あと、
補足しとくと、途中で眠くなって適当になりました。

スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。