スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別にこんな事語れるほど偉くもないけど
2007.06.22(Fri)

この世界には[宇宙]がある。
[宇宙]には、色々飛ばすと[星]がある。
その[星]のなかに[地球]があり[生き物]がいる。
[生き物]は進化している、そして現在地球で最も進化しているのがたぶん[人間]。

前置きはさておき、生き物って進化してるけどなんでだっけ?たしか進化ってのは「その環境に対応して体が変化する事」だったかだと記憶してるけど進化してもやってる事って交配して地球にはびこってるだけじゃない?
交配する理由はたしか病気に負けたり、自分へ降りかかる危険を回避して、生き延びて種を繁栄させるためでしょ?
じゃあなんで繁栄するの?繁栄した先になにがあるの?
まぁいわゆる「我々はどこから来てどこへ行くのか?」って事ですが、結局はなんなんでしょう?なんの為に繁栄して生き延びてるんだろ?

一回自分が行き着いた答えは、
「少なからずこの世にある万物は循環(回転?)している。例えば食物連鎖、植物を草食動物が食べてその草食動物を肉食動物が食べる、やがてその動物も死んで養分となり植物を育てるみたいなやつ。例えば人間、人が生まれる。その人が育ちやがて子を生み死んでいく。
つまり、何かが終わる時、又はその前には、その何かが他の新しい何かを残して行く。と言うか残した何かに自分の変わりをさせる。一言で言えば世代交代をする。しかし世代交代をするには終わるきっかけ(始まるきっかけでもある)が必要になる。自ら滅ぶのは難しい。そこでそのきっかけは自分よりも小さなカテゴリーの循環からつくる。
人間で言えば人間(大きな循環)は細菌やウイルス(小さな循環)で死ぬといった具合だ。つまりその理論でいくと、人間もなにか大きなものを循環するきっかけにすぎない。
その大きなものとはなにか、それは考えればすぐに出てくる。人間が生きているこの環境、つまり地球や宇宙がそれに当たる
そうなると実は地球を滅ぼして次なるものへ循環させる術を既に人類は発見している事に気付く。
核兵器これなら宇宙までいかなくとも地球なら滅ぼせるだろう。
つまり人間(生き物)は星を滅ぼして循環させるきっかけでしかないのだ。しかもその星ですらきっと宇宙を循環させるきっかけなのかも知れないし宇宙さえも、さらに大きな何かを循環させるきっかけにすぎないのかも知れない。
すなわち結論は、人類の最終地点は星を滅ぼす事」
と言う壮大な考え。
しかし今ヒトは地球を危機においやっている・・・
目標は順調
スポンサーサイト
Comment

こんな書くつもり無かったのに・・・
マックスギリギリまで書いちゃったよ(携帯から基準)
しかも文章力ねぇェェェェ!
いまぃ (URL) 2007/06/22 Fri 22:06 [ Edit ]
わからん・・・
俺に聞くな
いまぃさんのブログが難しい
PES (URL) 2007/06/22 Fri 22:37 [ Edit ]
つ[42]
元ネタは・・・・
スー (URL) 2007/06/23 Sat 17:01 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。