スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つづき
2008.02.03(Sun)

教師(以下T)「はい、トゥデイはジャパニーズをスタディしよぜぇ」

生徒(以下S)「先生、それはルー語です」

T「よし、生徒の心をキャッチ、キャッチ、キャ~ッチ!」

S「もういいので進めてください。」

T「では、ジャパニーズの頁130からですね。」

T「新しい単語いきましょう。」

T「後に続いて発音してください、」

T「入る(動詞)」
S「入る」

T「いいですね、次、ハゲ(名詞)」
S「ハグ」
T「違います、ハゲです」
S「ハゲ」
T「いいですね。」


T「英訳いきましょう」
T「入るがわかる人」
S「はい、come inです」
T「まぁそんなところでしょう」
T「これは難しいかな?ハゲがわかる人」
S「えぇと、kenashiですか」
T「いいですね」


T「では日本語文読みましょう」

『鼻子:多郎くん、あなた昨日までハゲてなかった?

多郎:うん、そうだよ、昨日ヘアピースを買ったでござる
最近のヘアピースはなんでも入ります』

T「多郎くんのセリフに注目して。
日本語では過去の話をするとき語尾がござる形に変わります。」


的な感じでやってるのかと
スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。