スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1つ言いたい事がある
2007.08.04(Sat)

現代社会を生きる若者達、そして社会人達に一言言いたい。


「朝食を抜くな!」


今日部活に行く前、油断し過ぎて寝過ごしてしまった。
ぎりぎり間に合いそうだったが朝食をとる余裕などない。
仕方なく冷蔵庫にあった「ピーチティー」を、コップに二杯飲み干していった。

「まぁ、ビタミンもとれたし結果オーライだな。」と甘い事を考えたのもつかの間、一時間もしたらかなりお腹が空いた。
それだけなら良い。
それでも動き続けた俺は気持ち悪くなり、変な汗をかき始めた。
その後は軽くダウン、部活を見学。ドクターストップならぬティーチャーストップを食らった。

そして学習した。
朝食を抜いてはいけない。


そもそも
それまで寝ていたとしても、食事によるエネルギーの補給をしたのは約12時間も前になる。
(PM8に食事を終え、AM7に起きたとして)

つまり、体の中のエネルギーは空になっているのだ。
果たしてその状態で動く事ができるのか?
当然それは無理である。


朝のエネルギー補給は絶対必要不可欠である。
そして、朝のエネルギー補給において必要なのは、
たんぱく質・脂質などの、いわば即戦力である。
けして「ピーチティー」に含まれるビタミンをとってはいけない。
間違いである。


つまり、朝食はできるだけ抜かないようにし、もし時間が無くても牛乳などたんぱく質が豊富なものはとるようにしよう!

朝食抜くのは、ダメ!絶対。
スポンサーサイト
Comment
最近コメントさぼり気味でごめん…
それと、そろそろブログ教える

朝食ぬくとつらい…
昼食、逆に気持ち悪くなって、食えないし…
ペス (URL) 2007/08/05 Sun 19:03 [ Edit ]

お腹すきすぎた時って
逆になにも食べたくなくならない?

ふしぎだなぁ


いまぃ (URL) 2007/08/05 Sun 21:00 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。